心地の良い水温、肌触りのよい泉質、清潔さのある浴槽「良質な水風呂」があるお勧めの温泉・銭湯・宿をご紹介
水風呂と健康
急激な温度差がもたらす身体への影響を理解しよう

サウナと水風呂を交互に利用する人の中には、サウナの後に水風呂へ直行する人もいますが、サウナは90度以上で水風呂は20度前後とすると、その温度差は70度ほどになります。この温度差による身体への負担について、水風呂をよく利用している私自身も気になっていましたが、なんとなくサウナと水風呂は身体によいものだという思い込みで利用していました。この温度差の急変は「血管への負担」が大きく、正しく水風呂に入らなければ健康に悪影響がでてしまします。



血圧の急変による「心臓」への負担で心筋梗塞や失神への危険性
水風呂で一気に身体を冷やすと、体中の血液は心臓へと集まり、血圧が下がり、それだけ血管や心臓に負担がかかることになります。急激な温度変化は、血圧サージという「血圧の急変」、「血管の損傷」につながり、年齢を重ねると「失神」という事故にもつながります。健康な人でもあまりに負担が大きければ「心筋梗塞」などを引き起こす恐れがあり、高血圧や動脈硬化など血管の持病を抱えている人ならなおさらです。不整脈や高血圧といった持病のある人は、血管が弱っていることいより温度差で血管が損傷を起こします危険性があるので、このような持病のある方や血管に関する薬を常用されている方は、サウナや水風呂の利用は控えた方がよいでしょう。
 


安全に水風呂に入るには、心臓に遠いところから水をかけていきましょう
サウナから水風呂へ移動するときに、一気に身体を入水するのではなく、最初は足から腰まで、続いてお腹、胸元と1分間隔で体を少しずつ水風呂に入れていきます。私は水風呂に入る前に、水風呂の水で汗を流すのではなく、入り口近くにあるかけ湯の場所へ歩いていき、お湯で汗を流してから、水風呂へ戻り、ゆっくりと足から水風呂へ入り水温に身体を慣らしながら、最後は肩まで入り、爽快感を味わうという入り方をしています。そうやって肌を段階的に冷やしていけば、血管の収縮も穏やかになり心臓への負担も少なくなります。このように正しくサウナと水風呂を交互に利用することで、血管が広がったり狭くなったり血流がよくなり健康にもよいといわれています。

 



1回の水風呂に入る適切な時間
身体の感覚がなくなるくらい、だんだんと頭がすっきりしてくる感覚になってくるまで、ゆっくりと水風呂に入るのが心地よく、私は1回に10分以上、水風呂に入ることもよくありますが、長く入りすぎて身体を冷やすことは健康にはよくないようで、サウナと水風呂のサイクルに関する論文では、水風呂には1分、サウナは5分を3回繰り返すのが健康には良いそうです。私のように水風呂に長くつかりすぎても体が冷えすぎてしまい健康によくないようなので長くても5分くらいがよいようです。

 



食後は1時間以上の食休みが大切です
食後は消化のために胃腸に血液が集中するのが正常ですが、サウナと水風呂を交互に利用することで血流がよくなると、消化機能が低下してしまします。胃はデリケートな臓器といわれており、自律神経とも密接な関係があり、胃の乱れは心の乱れにもつながりますので、胃に余計な負担をかけないように食休みをしてからサウナや水風呂を利用しましょう。

 



水風呂のあとは外気欲で休憩しましょう
水風呂で充分に体が冷えたらすぐにサウナに入る人をよくみかけますが、これは体に負担をかける行為です。サウナに入ると、水風呂で縮まっていた血管が一気に広がり、血液の流れる量が急増し、血圧が乱高下したり脈拍が変動する「ヒートショック現象」が起こりやすくなります。そのため、水風呂から出た後は外気浴やベンチなどで身体をやすめたり、一度ぬるめのお湯やシャワーを浴びてからサウナにはいるようにしましょう。

 


身体が感じる急激な温度差に心がけて、水風呂を利用することが大切です。正しく水風呂を利用すれば、身体への効果もたくさんあります。入浴後は、身体の内側からぽかぽかして、身体が軽くなったのが感じられるでしょう。


チェックした情報に関連する情報


自慢の水風呂のある施設を登録してみませんか

       
 温泉にこだわっている宿
         
 温冷浴が楽しめる宿
 
 
 週間閲覧ランキング
 
 無料で入浴できる温泉雑誌
 お風呂おすすめグッズ
 温泉・銭湯サイト
スーパー銭湯全国検索
 
スーパー銭湯全国検索


都道府県から探す
Mizuburo Japanについて
Mizuburo Japanでは、日本47都道府県にある源泉や名水、地下水など「良質な水風呂」のある温泉や銭湯、子連れ家族や友人と旅行を兼ねてリフレッシュできる「良質な水風呂」のある宿泊施設をご紹介しています。水風呂を利用している人は2割という調査結果がでています。水風呂とサウナやお風呂の「温冷交互欲」は血行が促進され湯冷めしにくく、免疫力や美肌、ストレス解消など健康への効果も期待できます。仕事の疲労や子育て中のママの気分転換にも銭湯や温泉は身近にあり利用しやすいのでお勧めです。水風呂の活用でこれまで以上の爽快感、軽快感、心身ともにリフレッシュした湯上りを、是非お楽しみください。